コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウジウス‐モソッティの式 Clausius-Mossotti equation

法則の辞典の解説

クラウジウス‐モソッティの式【Clausius-Mossotti equation】

誘電率 εr から分子分極 P を求める公式.分子量を M,密度を ρ としたとき次の式となる.

ここで εr を複素屈折率の二乗(n2)で置き換えると,クラウジウス‐モソッティ‐ローレンツ‐ローレンツの式*(通常は単にローレンツ‐ローレンツの式*という)となる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone