コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウジウス‐モソッティの式 Clausius-Mossotti equation

1件 の用語解説(クラウジウス‐モソッティの式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

クラウジウス‐モソッティの式【Clausius-Mossotti equation】

誘電率 εr から分子分極 P を求める公式.分子量を M,密度を ρ としたとき次の式となる.

ここで εr を複素屈折率の二乗(n2)で置き換えると,クラウジウス‐モソッティ‐ローレンツ‐ローレンツの式*(通常は単にローレンツ‐ローレンツの式*という)となる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラウジウス‐モソッティの式の関連キーワード強誘電体誘電分極誘電率オンサガーの式(誘電率)カークウッドの公式コーエンの規則デバイの式(双極子モーメント)ボルンの式マクスウェルの式(屈折率)リッディン‐ザックス‐テラーの関係式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone