コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラール川 クラールがわKlarälven

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラール川
クラールがわ
Klarälven

スウェーデン西部の川。スウェーデン国境に近いノルウェー国内のフェームン湖の南端に源を発し,ノルウェーではトリューシール川と呼ばれるが,約 100km南流してスウェーデンに入り,クラール川となる。遡航終点のムンクフォルスを経て,カルルスタードベーネルン湖に流入する。全長 344km。発電,木材搬出用河川として重要。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラール川
くらーるがわ
Klarlven

スカンジナビア山脈南部に水源を発し、ノルウェー領内を南流して、スウェーデンのベーネルン湖に注ぐ川。長さ460キロメートル、流域面積1万1820平方キロメートル。ベーネルン・イョータ川水系の上流部を占め、水力発電が盛んである。[田口雄作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クラール川の関連キーワードイェータ[川]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android