水源(読み)すいげん

精選版 日本国語大辞典「水源」の解説

すい‐げん【水源】

〘名〙
① 川などの水が流れ出てくるもと。分水界付近の地下水がわき出る所。みなもと。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「水に杉山をしたて」 〔史記‐大宛伝〕
② 用水の供給源。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)一三「洛中の水源(スイゲン)は賀茂川なれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の水源の言及

【上水道】より

…続くローマ時代には水道はローマ帝国内の都市の標準施設として整備され,その遺構はイタリアのほかフランス,北アフリカ,ドイツなどに残存する。これらは汚染の少ない遠方に良質の水源を求めて都市まで開水路で導水し,そのまま市内に給水するものであった。その最大のものは首都ローマ市の水道である。…

※「水源」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android