コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルシウム Clusium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルシウム
Clusium

エトルリアの古代都市。現イタリアのキウーシ。 12都市連合の一つ。ローマの支配下に入ったのはかなり遅かったと思われる。ビラノーバ期以後の文化遺跡が発見されている。青銅器,エトルリア文字,石像彫刻,墳墓跡などが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクルシウムの言及

【エトルリア】より

…しかし前474年キュメ(クマエ)沖の海戦で敗れ,以後エトルリアは経済的に停滞に向かう。一方,内陸部においては沿岸地帯よりやや遅れてクルシウム,ウォルシニイ,ウェイイ等の都市国家が栄えた。クルシウムの王ポルセンナは前6世紀末に一時ローマを征服した。…

※「クルシウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android