コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルシウム Clusium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルシウム
Clusium

エトルリアの古代都市。現イタリアのキウーシ。 12都市連合の一つ。ローマの支配下に入ったのはかなり遅かったと思われる。ビラノーバ期以後の文化遺跡が発見されている。青銅器,エトルリア文字,石像彫刻,墳墓跡などが有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のクルシウムの言及

【エトルリア】より

…しかし前474年キュメ(クマエ)沖の海戦で敗れ,以後エトルリアは経済的に停滞に向かう。一方,内陸部においては沿岸地帯よりやや遅れてクルシウム,ウォルシニイ,ウェイイ等の都市国家が栄えた。クルシウムの王ポルセンナは前6世紀末に一時ローマを征服した。…

※「クルシウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android