コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エトルリア Etruria

翻訳|Etruria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エトルリア
Etruria

小アジアのリュディアに発したとも,先住民ともされるエトルリア人の居住した地域。チレニア海に面した中央イタリアの北部に位置し,北はアルノ川,南はテベレ川,東はアペニン山脈に区切られた地域の総称で,現在のトスカナ地方の北部を除いた地域に相当し,ラツィオおよびウンブリア地方の一部を含んでいる。ローマ人はツスキア Tuscia (トスカナはこれに由来する) と呼び,ギリシア人はチュレーニア Tyrrhenia (チレニア海はこれに由来する) と呼んだ。前7~6世紀にかけて繁栄し,ローマに大きな影響を与えたが前5世紀以後衰え,のちローマ領となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エトルリア

イタリア中部トスカナ地方の古名。エトルリア人(ラテン語でエトルスキEtrusci)の居住地。エトルリア人の民族系統は不明だが小アジアから来住したとみる説が有力で,前7世紀に最盛期を迎え,南方カンパニアにまで進出し,一時はローマもその支配下にあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

エトルリア

イタリア、スティピュラ社の万年筆ボールペンの商品名。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エトルリア【Etruria】

イタリア中央部のティレニア海側,テベレ川とアルノ川の間の地方の古名。鉱物(銅,鉛,鉄,銀)と肥沃な耕地に恵まれ,前1世紀初頭ローマに併合されるまでエトルリア人の活動の本拠地であった。エトルリア人はラセンナ(ラスナ)と自称し,ラテン語でエトルスキ(トゥスキ),ギリシア語テュルセノイ(テュレノイ)と称され,ギリシア文化を範とした独自の文化を発展させて,前7,前6世紀に最盛期を迎え,ローマ人を含む他の古代イタリア諸民族に大きな影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エトルリア【Etruria】

イタリア中西部の古名。現在のトスカーナ州とウンブリア州の一部の地域。エトルリア人は紀元前八世紀頃から、建築・青銅器などにエトルリア(エトルスク)美術と呼ばれるすぐれた作品を残した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エトルリア
えとるりあ
Etruria

イタリア中央部、ティレニア海、アルノ川、テベレ川、アペニン山脈に囲まれた地方の古名。だいたい現在のトスカナ地方にあたり、古代ローマ以前はエトルリア人の本拠地で、墓など数多くの遺跡が残る。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エトルリアの関連キーワードタルクイニウス・プリスクスカンパノ=エトルリア文字フィレンツェ考古学博物館ウンブリア[古代]ウンブリア[州]アウグスツスの門タルクイニウス家チェルベテリ遺跡ポディウム神殿アリストデモスウォルシーニーオルビエートファリスキ人エグナチウスエトルリア語ビラノーバ人トスカーナ式チェルベテリファリスク語タルクイニア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android