コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレプシュ‐ゴルダン係数 Clebsch-Gordan coefficient

法則の辞典の解説

クレプシュ‐ゴルダン係数【Clebsch-Gordan coefficient】

量子力学で角運動量を取り扱う際に,二つの角運動量(J1J2)の和(J)の固有関数を得るために必要となる係数をいう.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

クレプシュ‐ゴルダン係数の関連キーワードウィグナー‐エッカルトの定理ウィグナー係数量子力学

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android