コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロイツェル

1件 の用語解説(クロイツェルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

クロイツェル

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンヴァイオリン・ソナタ第9番(1803)。原題《Kreutzer》。名称の由来はヴァイオリン奏者ルドルフ・クロイツェルに献呈されたことに由来する。トルストイの小説『クロイツェル・ソナタ』の題名はこの曲にちなんだもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロイツェルの関連キーワード第九田園テンペストエリーゼのためにエロイカ献堂式アパショナータスプリングソナタセリオーソレオノーレ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロイツェルの関連情報