コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロス商い くろすあきない

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

クロス商い

特定の証券会社が同一銘柄について、売りと買いの注文を同時に同じ値段で出し、取引を成立させる大口売買取引のこと。株式の含み益を出すために行なうクロス商いを「益出しクロス」と言う。この手法は一種の利益操作とみなされるケースもあり、2000年のルール改正により、現在は益出しクロスは原則として認められていない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クロス‐あきない〔‐あきなひ〕【クロス商い】

cross-trade》⇒クロス取引

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

クロス商いの関連キーワードばいかい