クロス商い(読み)くろすあきない

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

クロス商い

特定の証券会社が同一銘柄について、売りと買いの注文を同時に同じ値段で出し、取引を成立させる大口売買取引のこと。株式の含み益を出すために行なうクロス商いを「益出しクロス」と言う。この手法は一種の利益操作とみなされるケースもあり、2000年のルール改正により、現在は益出しクロスは原則として認められていない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android