コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜交成層 しゃこうせいそう cross-bedding

2件 の用語解説(斜交成層の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

斜交成層

水流または風によって移動した砂粒が,流れの方向に傾斜する前面に次々と堆積して生じる成層をいい,主要な一般成層面と著しく斜交する.斜交成層は河川,デルタ,海岸,浅海などの浅い水中環境に堆積した地層に多い.砂丘など陸上の風成堆積物のほかに深い水底に堆積した場合にも乱泥流堆積物中にも見られる[木村ほか : 1973].

斜交成層

cross-stratification, cross-lamination: 真の層理面に,ある角度で沈澱した堆積層に対する一般的な語[Lyell : 1855].主に砂岩層の内部に見られる指向性堆積構造の一種で,水流または風により移動する砂粒が,流れの方向に傾斜する前面に次々に堆積して生じる成層または層理をいう.前面層(foreset)の傾斜は多くの場合は10度以上であり,20度を超すことも珍しくない.前面層の厚さは普通は1mmから数cm程度である.一連の前面層群は上下を成層面で明瞭に限られた堆積単位層(sedimentation unit)を示している[木村ほか : 1973].層が厚さ1cm以下の場合は葉層(laminae),1cm以上を単層(bed),斜交成層(cross-sratification)についてはそれぞれcross-laminationおよびcross-beddingと呼ぶ(McKee & Weir : 1953].個々のcross-strataの長さは変化し,形状も直線的または直線で囲まれたように変化する(Hemingway & Clarke : 1953].またS字形に湾曲したり,上向きに凹形や凸形となる.これらはconcave inclined-beddingあるいはconvex inclined-beddingという[Andersen : 1931].層が下限の面に対して接線方向になる場合にはtangential cross-beddingといい,急角度になる場合はangular cross-beddingという.cross-strataは不連続な単位として形成され,詳細な記述や分類はその規模と下限の面との関係を基準にしている[Allen : 1963].広い意味でdiagonal bedding,false bedding, tip bedding,oblique bedding, flow-and-plunge structureなどは同義.cross-sratificationには同じような語が多いが,日本語での区別は明瞭ではない.傾斜層理(inchlined badding)[Shrock : 1948].
current bedding: →水流層理
diagonal bedding: →斜交層理
diagonal stratification: cross-stratificationと同義で,ライエルは偽層(false stratification)の代わりに使用した[Lyell : 1841].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斜交成層の関連キーワード偽層板状Knight Grand Cross of the Order of the British Empireコーセット斜交層理複合斜交層理フュリアス斜交葉理レンズ状斜交葉理干渉リップル鉄橋 (cross bar)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone