クワジャレーン環礁(読み)クワジャレーンかんしょう(英語表記)Kwajalein Atoll

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワジャレーン環礁
クワジャレーンかんしょう
Kwajalein Atoll

西太平洋,マーシャル諸島中央部にある環礁。別称クワジャロング Kwajalong。その礁湖(面積 1722km2)は世界最大で,90の島が連なる。日本の委任統治領時代の第2次世界大戦中に日本の海軍基地が置かれ,アメリカ軍のマーシャル諸島侵攻の際はクワジャレーン環礁のロイ島とナムル島が最初にアメリカ軍の手に落ちた。戦後はアメリカ軍のミサイル基地となっている。面積 16km2。人口 1万903(1999)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android