コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーフシュタイン クーフシュタインKufstein

1件 の用語解説(クーフシュタインの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クーフシュタイン(Kufstein)

オーストリア西部、チロル州にある、ドイツ国境近くの町。カイザー山脈のシュッファウ山麓に位置する。旧市街を流れるイン川の断崖の上に13世紀創建の城塞(現在は郷土博物館)がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクーフシュタインの言及

【チロル】より

…町からケーブルカーでキッツビューラー・ホルンに登ることができるが,そこから眺める雄大な東アルプス連峰の景観はすばらしい。ウェルグルから本線と分岐してドイツに入る国境の町クーフシュタインKufsteinの北隅には,古城がそびえ,石灰岩質アルプスの最も代表的な剛峻を示威するカイザー山塊が偉容を誇っている。
[歴史]
 古くはイリュリア人が居住していたが,前15世紀末からケルト人が進出,前1世紀ころからローマの属州下に入った。…

※「クーフシュタイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone