コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラビア用紙 グラビアようしrotogravure paper

1件 の用語解説(グラビア用紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラビア用紙
グラビアようし
rotogravure paper

雑誌などのグラビア印刷に使う中品質の非塗工印刷用紙。漂白した上質のパルプを原料とし,填料などを混合して製紙したあと,スーパーカレンダを使って仕上げ,印刷適性,特に不透明度と平滑性を高めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のグラビア用紙の言及

【紙】より


[印刷・筆記・図画用紙]
 書籍,雑誌などの印刷用として作った紙で,表面に塗料を塗っていない非塗工紙と塗布した塗工紙に分かれる。前者には印刷用紙,グラビア用紙その他と,筆記・図画用紙がある。印刷用紙は化学パルプの使用量で分類し,100%,70%以上,40%以上,およびそれ未満の紙をA,B,C,Dと格づけしている。…

※「グラビア用紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone