コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレコローマンレスリング

百科事典マイペディアの解説

グレコローマンレスリング

レスリングの競技形式の一種。相手の腰から下をつかむことや脚を使っての攻撃を禁止する。ギリシア・ローマ風レスリングという意味だが,古代オリンピックのレスリングとも異なり,その根拠は不明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のグレコローマンレスリングの言及

【レスリング】より

…人類がその生存,生き残りをかけて,生活の重要な手段として発展してきた格闘競技である。対人競技に属し,日本の相撲,柔道や,サンボモンゴル相撲,インド相撲,中国相撲の摔跤(シュアイジャオ)なども含まれるが,スポーツの種目としてはオリンピックで実施されているレスリング競技を指し,フリースタイルレスリングfree style wrestling,グレコローマンレスリングGreco‐Roman style wrestlingの二つの種目がある。前者は全身を攻防に使うことができる自由型で,後者は腰,正確には左右の腸骨を結んだ線を境界として,下半身を使っての攻防は反則となる。…

※「グレコローマンレスリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グレコローマンレスリングの関連キーワード須藤元気

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android