根拠(読み)こんきょ

精選版 日本国語大辞典「根拠」の解説

こん‐きょ【根拠】

〘名〙
① (━する) もととしてよること。また、そのよりどころ。基づくところ。
※志都の岩屋講本(1811)上「能く其の病の拠する処を探り求めて」
※性法略(1871)〈神田孝平訳〉八「私有の権の根拠を論ずる衆説一ならず」 〔漢書‐霍光伝〕
② ねじろ。本拠
※太政官日誌‐慶応四年(1868)閏四月「再び賊の根拠(コンキョ)(〈注〉ネジロ)宇都宮城へ押寄候処」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「根拠」の解説

こん‐きょ【根拠】

物事が存在するための理由となるもの。存在の理由。「判断の根拠を示す」
本拠。ねじろ。「一味が根拠とした隠れ家」
[類語]典拠原拠拠り所証拠理由しょうあかししるし証左証憑しょうひょう徴憑ちょうひょう徴証明証確証実証傍証裏付けねた事情諸事情事由所由しょゆうわけゆえ意味原因よしいわ所以ゆえん故由ゆえよし事訳ことわけわけ合い訳柄わけがら子細

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「根拠」の解説

【根拠】こんきよ

より所。〔道園学古録、十五、牟伯成墓碑〕人とはるに、樂易(らくい)眞實、矜(きようれい)を以て容を爲さず、談笑傾倒す。引根據、涯(がいし)(はて)を見ず。

字通「根」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android