根拠(読み)こんきょ

精選版 日本国語大辞典「根拠」の解説

こん‐きょ【根拠】

〘名〙
① (━する) もととしてよること。また、そのよりどころ。基づくところ。
※志都の岩屋講本(1811)上「能く其の病の根拠する処を探り求めて」
※性法略(1871)〈神田孝平訳〉八「私有の権の根拠を論ずる衆説一ならず」 〔漢書‐霍光伝〕
② ねじろ。本拠。
※太政官日誌‐慶応四年(1868)閏四月「再び賊の根拠(コンキョ)(〈注〉ネジロ)宇都宮城へ押寄候処」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「根拠」の解説

こん‐きょ【根拠】

物事が存在するための理由となるもの。存在の理由。「判断の根拠を示す」
本拠。ねじろ。「一味が根拠とした隠れ家」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android