コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロキジウム glochidium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロキジウム
glochidium

軟体動物門二枚貝綱イシガイ科,カワシンジュガイ科などの幼生名。微小で長 0.35mm,殻高 0.33mm,殻幅 0.15mmぐらい (ドブガイ) 。殻は三角形または半卵円形で,黄色半透明。ややとがった腹縁端に鉤状突起があり,これで魚の鰭,などに付着寄生する。軟体は長い鞭状突起をもち,その両側には感覚突起が数個ある。この幼生は母貝の鰓の哺育嚢で発育し,成長すると水管から吹出されて魚に寄生し,のちに離れて水底に落ち,変態して幼貝となり底生生活に入る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グロキジウムの関連キーワードカワシンジュガイ(川真珠貝)イケチョウガイカラスガイ寄生貝類貝類

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android