水底(読み)スイテイ

  • ▽水底
  • みずそこ
  • みずそこ みづ‥
  • みなそこ

デジタル大辞泉の解説

湖や川などの。みずそこ。みなそこ。「水底深く沈む」
《「な」は「の」の意の格助詞》水の底。みずそこ。すいてい。「水底に沈む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

海や河川・湖沼の底。水の底。みなそこ。 -に没する
水の底。みなそこ。
水の底。みずそこ。 -に沈む

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 水の底。みずそこ。みなそこ。
※懐風藻(751)晩秋於長王宅宴〈田中浄足〉「水底遊鱗戯、巖前菊気芳」 〔詩経疏‐周南・漢広〕
〘名〙 川や海の底。みなそこ。
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉五「糸が水底へついた時分に、船縁の所で人指しゆびで呼吸をはかるんです」
〘名〙 (後世は「みなぞこ」とも。「な」は「の」の意) 水の底。みずそこ。すいてい。
※万葉(8C後)二〇・四四九一「大き海の美奈曾己(ミナソコ)深く思ひつつ裳引きならしし菅原の里」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水底の関連情報