グローサラント(読み)ぐろーさらんと(英語表記)Grocerant

知恵蔵miniの解説

グローサラント

食料品店の店内や店舗敷地内で食事を提供する業態のことで、食料品店を意味する「グローサリー(Grocery)」と「レストラン(Restaurant)」を掛け合わせた造語。購入した食べ物を店内で食べるイートインや、テナントが集まって営業するフードコートとは異なり、主に店内で扱う食材をその場で調理し、レストランのように質の高い食事を提供する点を特徴としている。欧米では大手スーパーが展開して来店客数を伸ばしており、日本でも2008年に上陸したイタリア発祥のフードマーケット&レストラン「EATALY」が、17年に東京駅構内の商業施設「グランスタ丸の内」へ大型店舗を出店して注目を集めている。同年には株式会社成城石井、イオンリテール株式会社、オーケー株式会社、株式会社ヤオコーといった国内の食品スーパー大手も相次いでグローサラント型店舗を出店し、広がりを見せている。

(2017-11-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

グローサラント(grocerant)

《grocery(食料品店)+restaurant(レストラン)からの造語》スーパーマーケットの店内に飲食スペースを設け、売り場にある食材を用いた料理を提供する業態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グローサラントの関連情報