コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グーテンベルク=ウィーヒェルト不連続面 グーテンベルクウィーヒェルトふれんぞくめん

百科事典マイペディアの解説

グーテンベルク=ウィーヒェルト不連続面【グーテンベルクウィーヒェルトふれんぞくめん】

地球内部のうち,マントルと核とを境する面をいう。ドイツの地震学者J.E.ウィーヒェルトやB.グーテンベルクなどが研究して,2900kmというこの面の深さを確立した。
→関連項目リヒター=グーテンベルク不連続面

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

グーテンベルク=ウィーヒェルト不連続面の関連キーワードグーテンベルク不連続面

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android