コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グーテンベルク=ウィーヒェルト不連続面 グーテンベルクウィーヒェルトふれんぞくめん

1件 の用語解説(グーテンベルク=ウィーヒェルト不連続面の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グーテンベルク=ウィーヒェルト不連続面【グーテンベルクウィーヒェルトふれんぞくめん】

地球内部のうち,マントルと核とを境する面をいう。ドイツの地震学者J.E.ウィーヒェルトやB.グーテンベルクなどが研究して,2900kmというこの面の深さを確立した。
→関連項目リヒター=グーテンベルク不連続面

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

グーテンベルク=ウィーヒェルト不連続面の関連キーワード内部の役割モデル地震波地球内部構造ガスマントルコールドプルームホットプルームUMP始原的マントル低速度層深尾良夫

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone