グーテンベルク不連続面(読み)グーテンベルクフレンゾクメン

デジタル大辞泉「グーテンベルク不連続面」の解説

グーテンベルク‐ふれんぞくめん【グーテンベルク不連続面】

地球のマントル外核との境界面。深さは平均2900キロメートル。1926年、米国の地震学者ベノー=グーテンベルク地震波のうちP波の速度が遅くなり、S波が伝わらない帯状の領域があることから発見。コアマントル境界CMB(core-mantle boundary)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android