コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グーテンベルク聖書 グーテンベルクせいしょ Gutenberg Bible

翻訳|Gutenberg Bible

1件 の用語解説(グーテンベルク聖書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グーテンベルク聖書
グーテンベルクせいしょ
Gutenberg Bible

15世紀のドイツ活版印刷術の創始者 J.グーテンベルクによって印刷されたラテン語訳聖書 (ウルガタ) で,『42行聖書』 (1456頃) ,『36行聖書』 (57頃) がある。この印刷聖書が宗教改革にもつ意味はきわめて大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグーテンベルク聖書の言及

【ウルガタ】より

…現在ローマ・カトリック教会公認のラテン語訳聖書は,1592年教皇クレメンスClemens8世のもとに改訂されたウルガタである。なおヨーロッパ最初の印刷本といわれる〈グーテンベルク聖書〉(1455年ごろ刊)はウルガタによっている。【寺沢 芳雄】。…

【グーテンベルク】より

…可動式の金属活字として,鉛,スズ,アンチモン,少量のビスマスの合金を溶かしたものが,鋼鉄製の字母に鋳込んでつくられ,これを良質の印刷インキと紙と羊皮紙など(パーチメントあるいはベラム)と,たくみに組み合わせ,55年に四十二行聖書とよばれる美しいラテン語聖書の機械的印刷が完成した。当初に出版されたのは200冊ほどでグーテンベルク聖書ともよばれる。それはゴシック書体の傑作であるうえ,いずれの点からみても非のうちどころのない活版印刷最初の本であり,人はその語間から発する精神に,読む以前すでに打たれたという。…

※「グーテンベルク聖書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グーテンベルク聖書の関連キーワード畢昇活版所キンダーガーテン三大発明連字活版刷創始者の原理長崎の活版印刷イブラヒム・ミュテフェッリカ活版印刷機

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone