コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グーローシェーディング ぐーろーしぇーでぃんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

グーローシェーディング

3Dグラフィックスにおいて立体感を表現する手法のひとつ。ポリゴンの頂点の明るさを求め、それを内挿して隣接するポリゴンとの明るさの変化を滑らかにする。フォンシェーディングに比べてハイライト表現に要する時間が短い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グーロー‐シェーディング(Gouraud shading)

コンピューターグラフィックスで三次元画像を立体的に見せる技法の一。フラットシェーディングに比べ高品位な画質が得られるが、処理に時間がかかる。→シェーディング2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

グーローシェーディングの関連キーワードコンピューターグラフィックス3Dグラフィックス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android