処理(読み)しょり

精選版 日本国語大辞典 「処理」の意味・読み・例文・類語

しょ‐り【処理】

〘名〙 取り扱って事の始末をつけること。処置すること。〔市制及町村制(明治二一年)(1888)〕
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「権力を笠に着て毎日事務を処理して居ると」 〔旧唐書‐韓皋伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「処理」の意味・読み・例文・類語

しょ‐り【処理】

[名](スル)物事を取りさばいて始末をつけること。「事務を手早く処理する」「事後処理」「熱処理
処分しょぶん[用法]
[類語]処置処分始末扱う片付ける済ます終える上げる仕上げるこなすやっつける料理解決かたを付けるけりを付ける畳む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「処理」の読み・字形・画数・意味

【処理】しより

取り計る。

字通「処」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android