コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイタイ・デザイン事情 けいたいでざいんじじょう

1件 の用語解説(ケイタイ・デザイン事情の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ケイタイ・デザイン事情

2006年4月にワンセグ放送が開始、受信機内蔵の携帯電話が発売された。ワンセグとは、地上デジタル放送が1局につき映像・音声を13のセグメント(segment)に分割送信するのに対し、1セグメントを利用することからついた呼称。携帯電話の画面で鮮明な映像が楽しめるようになった。NTTドコモからはP901iTV(パナソニック製)、auからはW33SA(三洋電機製)とW41H(日立製)、ボーダフォン(現・ソフトバンク)からは905SH(シャープ製)が発売された。なかでも905SHは「AQUOS(アクオス)ケータイ」として広告展開。注目を集めた。

(武正秀治 多摩美術大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケイタイ・デザイン事情の関連キーワードサイマル放送デジタル放送ワンセグワンセグメント放送1セグ放送地上波デジタル放送ビーTVワンセグチューナーワンセグ放送ワンセグの受信地域

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone