コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NTTドコモ えぬてぃーてぃーどこも

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

NTTドコモ

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの略称。日本国内最大の携帯電話会社(2006年10月現在)。1992年に営業を開始し、iモードiアプリFOMAなどのサービスを提供している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

NTTドコモ

正式社名「株式会社NTTドコモ」。英文社名「NTT DoCoMo, Inc.」。情報・通信業。平成3年(1991)「エヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社」設立。同12年(2000)「株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ」に改称。同25年(2013)現在の社名に変更。本社は東京都千代田区永田町。「日本電信電話」の移動体通信事業本部の後身。携帯電話会社。携帯電話による電子決済サービスも展開。東京証券取引所第1部・ニューヨーク証券取引所・ロンドン証券取引所上場。証券コード9437。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

NTTドコモ
エヌティティドコモ
NTT DoCoMo, Inc.

移動体通信事業者(→移動通信)。日本電信電話の移動体通信事業本部を前身とする。1991年8月エヌ・ティ・ティ・移動通信企画として設立,1992年4月エヌ・ティ・ティ移動通信網へ商号変更,同 1992年7月営業開始。1998年東京証券取引所一部に上場。1999年2月,世界初となる携帯電話端末向けのインターネット接続サービス「iモード」を開始。1年間で 400万件以上の契約数を獲得するなど爆発的な人気を呼び,海外からの評価も高く,モバイルコンピューティングの先鞭をつけた。2000年4月社名をエヌ・ティ・ティ・ドコモに変更。「ドコモ」は Do Communications Over The Mobile Networkの頭文字をとったもの。2001年10月第3世代携帯電話「FOMA」サービス開始。2013年10月現社名に変更。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

NTTドコモの関連キーワードNTTドコモiモードオフィシャルガイドブックiモードで遊ぼう!iモードFeliCa対応携帯電話Pocket PostPetMajiでKoiする5秒前携帯電話での緊急メール神奈川県横須賀市光の丘PPWORLD CALLBRAVIAケータイWORLD WINGDoCommerceひつじのしつじくんPメロディーコールDoccimoFOMAカード携帯アプリの日パケット定額制dミュージック

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

NTTドコモの関連情報