コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケサル王物語 ケサルおうものがたりRgyal po Ge sar gyi sgrung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケサル王物語
ケサルおうものがたり
Rgyal po Ge sar gyi sgrung

ヒマラヤからバイカル湖パミールからチンハイ (青海) にいたる地域で広く伝承されている英雄叙事詩。チベットでことによく知られ,口頭伝承とともに,チベット,モンゴル,カルムイク,ブリアート,トゥワの各語による写本としても伝えられ,膨大な文献が残されている。モンゴルでは『ゲセル汗物語』 Geser-ün tugužiと呼ばれる。物語の発生地,成立年代は明らかでないが,その中核的部分は,チベットのカム北部地方やアムド地方を舞台に,牧民生活を基盤としたものである。原初の物語は,14世紀末ないし 15世紀初頭には存在していたといわれる。物語は,悪のはびこる人間界を統治するために,天神の子が山の神を父,水の神を母として地上のリン国に降誕する。幼年期は意地悪いほどいたずら好きで,神通力を使っては騒ぎを起す醜い鼻たれ小僧であるが,13歳で王位についてから,大獅子王ケサルと称し,ホル,ジャン,タジクカシミールなど多数の国を征服するというもの。モンゴル語の写本は 1630年代に書取られ,1716年に版行された (北京版『ゲセル汗物語』) 。現在,モンゴル語による手写本,版本は数種類を数える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケサル王物語の関連キーワードチベット文学ドゥンバ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android