ケット族(読み)ケットぞく(英語表記)Ket

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケット族
ケットぞく
Ket

シベリア中部,エニセイ川の中・下流域に住む少数民族。旧称エニセイ・オスチャークもしくはエニセイ族であるが,自称ケットは「人間」の意。人口約 1000。かつては狩猟漁労民であったが,北方のグループは 19世紀にトナカイ飼養を行うようになった。今日では定着し,ソ連時代にはコルホーズに編成された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android