コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケモクライン けもくらいん

1件 の用語解説(ケモクラインの意味・用語解説を検索)

ダイビング用語集の解説

ケモクライン

塩分濃度など水質の違う水が混在している水中で、その水質の違いから発生する水の層のこと。質感や色彩が異なる不思議な世界が現出する。

出典|ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケモクラインの関連キーワード亜熱帯モード水磯焼けサリノメーターサーモクラインハロクライン塩分計土壌相鹹度クヌーセンの塩分公式溶存酸素量(DO)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケモクラインの関連情報