ケヤリ(毛槍)(読み)ケヤリ(英語表記)Sporochnus scoparius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケヤリ(毛槍)
ケヤリ
Sporochnus scoparius

褐藻類ケヤリモ目ケヤリモ科の海藻。藻体は棒状で中軸から枝が互生して,全体は長さ約 30cmの房状になる。枝の先のほうに小側枝を生じ,それに生殖器床がつく。この形が毛槍を想起させる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケヤリ【ケヤリ(毛槍) Sporopchnus scoparius Harvey】

漸深帯に生育し,昔大名行列のときに供の者がもった鳥の毛のついた槍に似た生殖器官をつける褐藻。日本の太平洋沿岸の関東以南,四国,九州,朝鮮に分布し,オーストラリアインド洋にも生育が知られる。体は円柱状で,高さ30~60cmになり,各方面に枝を出す。生殖器官は先のふくらんだ棍棒状の小枝として枝の上に羽状に互生につく。小枝の先端には毛の束があり,そのようすが大名行列に使った毛槍に似る。和名はこのことに由来する。

ケヤリ【ケヤリ(毛槍) fan‐worm】

多毛綱ケヤリ科の環形動物ケヤリムシともいう。陸中海岸以南からインド洋にかけて分布し,薄い膜の上に泥を固めてつくった太い管の中で生活する。管は干潮線付近の岩の割れ目などに付着し,管の先端から鰓冠(さいかん)をだして広げ,呼吸をしたり,餌のプランクトンをとったりする。このようすが昔,大名行列のときに使った毛槍に似ているところからこの名がある。大きな個体では体長25cm,環節数170にもなり,鰓冠部,胸部,腹部に分かれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android