コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルレン川 ケルレンがわ

2件 の用語解説(ケルレン川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルレン川
ケルレンがわ

ヘルレン川」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケルレン川
けるれんがわ
Kherlen

モンゴル高原東部を流れる川。モンゴルのヘンテイ山脈に源を発し、北東流して中国領に入りフールン湖に流入する。全長1264キロメートル(うちモンゴル側1090キロメートル)、流域面積11万6400平方キロメートル。10月下旬または11月初旬から4月上旬まで凍結する。魚が多い。流域は多くが純ステップ(短草草原)地帯で良好な馬産地となっている。また沿岸にはウンドゥル・ハーン、チョイバルサンなどの都市がある。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone