コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルレン川 ケルレンがわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケルレン川
けるれんがわ
Kherlen

モンゴル高原東部を流れる川。モンゴルのヘンテイ山脈に源を発し、北東流して中国領に入りフールン湖に流入する。全長1264キロメートル(うちモンゴル側1090キロメートル)、流域面積11万6400平方キロメートル。10月下旬または11月初旬から4月上旬まで凍結する。魚が多い。流域は多くが純ステップ(短草草原)地帯で良好な馬産地となっている。また沿岸にはウンドゥル・ハーン、チョイバルサンなどの都市がある。[吉田順一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ケルレン川の関連キーワードブルハン・ハルドゥン[山]チョイバルサン(モンゴル)ウンドゥルハーンヘルレン[川]モンゴル高原ジャライルタタール

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android