コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケージ巻 ケージまきcage winding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケージ巻
ケージまき
cage winding

鉱山の竪坑で用いる巻上げ法の一つ。人または鉱車などを載せる容器 (ケージ) を巻上機で上下させる。ケージは普通1段構造のものが多く利用されるが,大規模鉱山では2~4段構造のものが利用される。深さは数百mから 1000mぐらいまである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケージ巻の関連キーワードヘッドシーブスキップケーペ巻坑内運搬竪坑巻

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android