コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竪坑 たてこうshaft

翻訳|shaft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竪坑
たてこう
shaft

鉱山,炭鉱などで,鉱物,材料および人員の運搬,または通気の目的で地表から坑内へ垂直に設けた坑道施設。同様の目的で坑内の高所から下部へ掘下げて設けた施設を盲竪坑といい,地表に直接出口が開いていないことからこう呼ばれる。垂直からやや斜めになっているものを斜め竪坑という。坑内が浅い場合は斜坑でも差支えないが,数百m以上になると竪坑運搬によらなければならない。日本で深い竪坑は約 900m程度であるが,南アフリカ共和国の金山では 3000m以上に及ぶものがある。直径は5~10m程度が普通である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

竪坑の関連キーワード水銀関連の遺産:アルマデンとイドリア星糞峠黒曜石原産地遺跡ロックドコイルロープグローリー=ホール法アルバート モールツ三井三池炭鉱跡スカフォード自動斜坑運搬旧志免鉱業所平子綱ロープ北陸トンネルヘッドシーブムソシ鉱山琵琶湖疏水ジャンボ高島炭鉱竪坑開削プラットモールツ芦別炭鉱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竪坑の関連情報