コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーニヒスベルク Königsberg

百科事典マイペディアの解説

ケーニヒスベルク

カリーニングラード

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーニヒスベルク

カリーニングラード」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケーニヒスベルク
けーにひすべるく
Knigsberg

ロシア連邦の都市カリーニングラードの旧称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のケーニヒスベルクの言及

【カリーニングラード】より

…人口41万5100(1994)。旧名ケーニヒスベルクKönigsberg。バルト海南東部のビスリンスキー(ビスワ)湾に注ぐプレゴーリャ川の河口両岸にひろがり,全長42kmの海上運河によって外港のバルチースクBaltiisk(旧名ピラウ)と結ばれた不凍港でもあり,バルト艦隊の司令部が置かれている。…

【プロイセン】より

…そのころ,ワイクセル川とポンメルンPommern(ポモジェ)の中間地域(ポメレレンPomerellen)には,ダンチヒを中心にスラブ人の一公国が形成されていたが,ドイツ騎士修道会は14世紀初頭これをも征服し,西プロイセンに領土を拡大した。かかる領邦形成の過程で,騎士修道会はクルム,トルン,ケーニヒスベルク(現,カリーニングラード)をはじめ多くの都市を建設し,また計画的にドイツ人農民の入植を行わせ(東方植民),ハンザ商業圏と結びつく穀物輸出を通じて経済的にも大いに繁栄し,14世紀にその勢力は絶頂に達する。 しかし,騎士修道会による領邦経営の独占は,都市や地方貴族の不満を招き,これらの勢力はポーランドに支持を求めるようになった。…

※「ケーニヒスベルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケーニヒスベルクの関連キーワードリヒャルト・フリードリヒ・ヨハネス パイフェルアーノルド・J.W. ゾンマーフェルトグスタフ・アルベルト シュワルベフリードリッヒ・E. ドルンカール・J.P. グレーベC.L.F. リンデマンウォルター カウフマンケーニヒスベルクの問題ケーニヒスベルク大学デビッド ヒルベルトケーニヒスベルクの橋M.C. ウィーンリチャード ガルベH. シェルスキーC.M. ドルノP. ラーバントレギオモンタヌスゾンマーフェルトラサール コーンW. フォークト

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android