コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーニヒス湖 ケーニヒスこ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ケーニヒスこ【ケーニヒス湖】

ドイツ南部、風光明媚な観光地・保養地として知られるバイエルン州のベルヒテスガーデン(Berchtesgaden)の町の南に広がる湖。氷河期末期のアルプスの氷河が流れこんでできた氷河湖である。面積は5.218km2で、ドイツで最も澄んだ湖といわれるとおり、バイエルンアルプスの山々に囲まれてエメラルドグリーンの湖水を湛えている。このきれいな湖水を守るため、電力のボートや手漕ぎボート、ペダル式ボート以外の利用は禁じられている。美しい風景の広がる湖周辺は、旅行者やハイカーの人気を集めている。この湖畔には、ナチス政権時代、アドルフ・ヒトラーお気に入りの山荘ベルクホーフがあった(1953年に取り壊され、現存していない)。ヒトラーゆかりの建物として、ベルヒテスガーデンの近くには、ベルクホーフのほかケールシュタインハウスがある。◇現地名は「Cruise Koenigssee」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android