コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷河湖 ひょうがこglacial lake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氷河湖
ひょうがこ
glacial lake

氷食湖,氷成湖ともいう。氷河作用によって形成された湖の総称。氷河の浸食によって生じた起伏ある谷底の凹地に生じた湖や,モレーンにより水がたまって生じた湖がある。北ヨーロッパ北アメリカなど高緯度地方に多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょうが‐こ【氷河湖】

氷河浸食作用や、氷河が運んだ堆石(たいせき)によってつくられた凹地に、水がたまってできた湖。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

氷河湖【ひょうがこ】

氷成湖,氷食湖とも。氷河の融解後まもない地域で,氷食によって生じたくぼ地内に水をたたえてできる湖沼。U字谷の一部がせき止められてできる深い湖,堆石丘のくぼ地にできる浅い湖,終堆石で囲まれる半円形または三日月形の氷河縁辺湖,カールにできる湖などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうがこ【氷河湖】

氷河の浸食によって生じた凹地や氷河の堆石によってせきとめられた所に水がたまってできた湖。氷食湖。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氷河湖
ひょうがこ

氷河に起因して生じた湖の総称。氷河流動に伴う氷食作用による湖をとくに氷食湖とよぶこともある。谷氷河谷頭(こくとう)の圏谷湖もこれにあたる。また、谷氷河が地質の弱線を選択的に氷食した結果、氷河が後退すると小湖が谷沿いに点々と残ることがある。ロザリオの念珠(ねんじゅ)の連想からこれらは「主の祈りの湖」とよばれ、氷食湖として知られる。
 アルプス山麓の高原状の緩傾斜地に谷氷河が残した湖水面積500平方キロメートルを越えるレマン湖(最大水深310メートル)とボーデン湖(最大水深252メートル)が広がっている。これらの深くて広い氷河湖の湖盆形成には、氷河の下方侵食に加えて、氷河が生成した岩屑(がんせつ)である氷堆石(フランス語のモレーンmoraine)が堆積した側堆積丘(そくたいせききゅう)や末端堆積丘の塞あげによる寄与が大きい。
 低高度の露岩地域を流れた谷氷河が残した広いU字谷に湛水(たんすい)した湖をフィヨルド湖(峡湖)という。スコットランドのネス湖がこれにあたる。海岸に近いU字谷が氷食作用により海面下まで侵食され、海が進入したものをフィヨルド(峡湾)という。氷床が後退するときに多量の融氷水と堆積物が供給され、その周辺に大湖を残す。北米大陸の五大湖や北ヨーロッパの古バルト海の淡水湖などがこの例である。[中尾欣四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の氷河湖の言及

【モレーン】より

…氷河が縮小,後退する過程を示す数列のモレーン丘が並列することも多い。谷氷河やカール氷河の末端モレーン丘の内側はややくぼんだ舌状盆地となり,湖水をたたえることもある(氷河湖)。氷河が伸張すると末端部の既存のモレーンやその他の堆積物を押し上げて小丘を形成することがある。…

※「氷河湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

氷河湖の関連情報