コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲデレー夏の宮殿 ゲデレーなつのきゅうでん

1件 の用語解説(ゲデレー夏の宮殿の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ゲデレーなつのきゅうでん【ゲデレー夏の宮殿】

ハンガリーの首都ブダペストにある宮殿。1745年ごろ、貴族のアンタレ1世によって建設が開始され、15年後にバロック様式宮殿の主要部分が完成した。ハプスブルク家マリア・テレジアも訪れていて、フランツヨーゼフ皇帝がハンガリー国王を戴冠すると、この宮殿を国王夫妻の夏の離宮用として購入した。宮殿大広間を中心に左側はフランツ・ヨーゼフ用、右側はエリザベート王妃用にデザインされている。エリザベートが好んで滞在し、現在は各部屋に皇妃ゆかりの調度品などが展示されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲデレー夏の宮殿の関連キーワードブダペストツィタデッラオーブダ三位一体広場バーツィ通りブダブダ城マルギット橋ブダペスト交響楽団ブダペスト祝祭管弦楽団

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone