コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲデレー夏の宮殿 ゲデレーなつのきゅうでん

1件 の用語解説(ゲデレー夏の宮殿の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ゲデレーなつのきゅうでん【ゲデレー夏の宮殿】

ハンガリーの首都ブダペストにある宮殿。1745年ごろ、貴族のアンタレ1世によって建設が開始され、15年後にバロック様式宮殿の主要部分が完成した。ハプスブルク家マリア・テレジアも訪れていて、フランツヨーゼフ皇帝がハンガリー国王を戴冠すると、この宮殿を国王夫妻の夏の離宮用として購入した。宮殿大広間を中心に左側はフランツ・ヨーゼフ用、右側はエリザベート王妃用にデザインされている。エリザベートが好んで滞在し、現在は各部屋に皇妃ゆかりの調度品などが展示されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone