コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタヤム Kottayam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コタヤム
Kottayam

インド南西部,ケララ州南部の町。コーチン南南東約 50km,ベンバナード湖に面する。 20世紀の初め,北東方のアナイムディ山地に茶とゴムのプランテーションが開かれてから,これらの取引の中心となった。カルダモン丘陵の石灰岩を原料とするセメント工業がある。周辺地区も含めてインドで最もキリスト教徒が多く,ケララ大学のキリスト教カレッジが3校あるほか,キリスト教関係の新聞や図書の発行が行われる。ベンバナード湖の水運も盛ん。人口6万 2829 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android