図書(読み)としょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図書
としょ

(1) 河図 (かと) 洛書の略称。 (2) 書物,書籍,本をいう。 (3) 朝鮮王朝 (李朝) 時代に,朝鮮国王が日本からの通交者に対し,交易規定の一つとして与えた銅印。これを書契 (九州探題の書状) に押して身分の証とした。世宗即位年 (1418) に贈給のものが記録上の初見。倭寇の害に悩んだ朝鮮貿易を正常化するためにとった措置で,朝鮮は主として綿花を輸出,日本から銅,銀などを輸入した。図書は初め世襲的な貿易権の象徴であったが,のちにはその所有権を他へ委譲することもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

図書

岩波書店が発行する文芸誌、書誌PR誌。1938年創刊。作家の対談・座談・インタビュー記事などを紹介。書店店頭での無料配布もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ずしょ【図書】

としょ【図書】

書籍。書物。本。ずしょ。 「 -室」 「 -を閲覧する」 「美術関係の-を出版する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

図書

文字や図表などが記載された紙葉を冊子体に製本した資料.本,書物,書籍,書などともいうが,図書館用語としては,通常,図書が用いられる.現代では,手書きではなく印刷され,装丁され,出版され,さらに相当量のページ数(ユネスコの定義では49ページ以上)を有するものとして捉えられることが多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ず‐しょ ヅ‥【図書】

〘名〙 (「ず」は「図」の呉音)
① 絵画と書物。多く、書物・書籍の総称として用いられる。としょ。
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)一二月二五日「官符図書第五」
※授業編(1783)序「家に図書(ヅショ)の貯なし」
図書寮およびその官人の略。
※九暦‐逸文・天慶九年(946)四月二八日「主殿入座、図書焼香」 〔書言字考節用集(1717)〕

と‐しょ【図書】

〘名〙
① (「と」は「図」の漢音。「易経‐繋辞上」の「河出図、洛出書」から) 河図洛書(かとらくしょ)のこと。〔漢書‐溝洫志〕
② 絵図と書物。多く、書物・書籍の総称として用いられる。ほん。ずしょ。〔広益熟字典(1874)〕 〔史記‐蕭相国世家〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

図書の関連情報