コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図書 としょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図書
としょ

(1) 河図 (かと) 洛書の略称。 (2) 書物,書籍,本をいう。 (3) 朝鮮王朝 (李朝) 時代に,朝鮮国王が日本からの通交者に対し,交易規定の一つとして与えた銅印。これを書契 (九州探題の書状) に押して身分の証とした。世宗即位年 (1418) に贈給のものが記録上の初見。倭寇の害に悩んだ朝鮮貿易を正常化するためにとった措置で,朝鮮は主として綿花を輸出,日本から銅,銀などを輸入した。図書は初め世襲的な貿易権の象徴であったが,のちにはその所有権を他へ委譲することもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ず‐しょ〔ヅ‐〕【図書】

としょ(図書)

と‐しょ【図書】

書籍。書物。本。ずしょ。「図書を購入する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

図書

岩波書店が発行する文芸誌、書誌PR誌。1938年創刊。作家の対談・座談・インタビュー記事などを紹介。書店店頭での無料配布もある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ずしょ【図書】

としょ【図書】

書籍。書物。本。ずしょ。 「 -室」 「 -を閲覧する」 「美術関係の-を出版する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

図書
としょ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

図書

文字や図表などが記載された紙葉を冊子体に製本した資料.本,書物,書籍,書などともいうが,図書館用語としては,通常,図書が用いられる.現代では,手書きではなく印刷され,装丁され,出版され,さらに相当量のページ数(ユネスコの定義では49ページ以上)を有するものとして捉えられることが多い.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

図書の関連キーワードReference Bookブックディテクションシステムレファレンスブック図書カードNEXT全国共通図書カードワールドキャット日本十進分類法欄外タイトル日本目録規則鎖付き図書不健全図書図書カードSHY文庫巡回図書館ハーツォグ点字図書館岩波書店新収図書九州探題高山友照

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

図書の関連情報