図書(読み)としょ

  • ずしょ ヅ‥
  • ずしょ〔ヅ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

(1) 河図 (かと) 洛書略称。 (2) 書物書籍,本をいう。 (3) 朝鮮王朝 (李朝) 時代に,朝鮮国王が日本からの通交者に対し,交易規定の一つとして与えた印。これを書契 (九州探題書状) に押して身分の証とした。世宗即位年 (1418) に贈給のものが記録上の初見。倭寇に悩んだ朝鮮が貿易を正常化するためにとった措置で,朝鮮は主として綿花を輸出,日本から銅,銀などを輸入した。図書は初め世襲的な貿易権の象徴であったが,のちにはその所有権を他へ委譲することもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

文字や図表などが記載された紙葉を冊子体に製本した資料.本,書物,書籍,書などともいうが,図書館用語としては,通常,図書が用いられる.現代では,手書きではなく印刷され,装丁され,出版され,さらに相当量のページ数(ユネスコ定義では49ページ以上)を有するものとして捉えられることが多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ず」は「図」の呉音)
① 絵画と書物。多く、書物・書籍の総称として用いられる。としょ。
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)一二月二五日「官符図書第五」
※授業編(1783)序「家に図書(ヅショ)の貯なし」
② 図書寮およびその官人の略。
※九暦‐逸文・天慶九年(946)四月二八日「主殿入座、図書焼香」 〔書言字考節用集(1717)〕
〘名〙
① (「と」は「図」の漢音。「易経‐繋辞上」の「河出図、洛出書」から) 河図洛書(かとらくしょ)のこと。〔漢書‐溝洫志〕
② 絵図と書物。多く、書物・書籍の総称として用いられる。ほん。ずしょ。〔広益熟字典(1874)〕 〔史記‐蕭相国世家〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

フロッピーディスク

プラスチック製の円盤に磁性体を塗布し、それをジャケットに収めた記憶媒体。ディスケットとも呼ぶ。初期は5.25インチ、8インチなどの大きさのものもあったが、1980年にソニーが開発した3.5インチのもの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

図書の関連情報