コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルダモン丘陵 かるだもんきゅうりょう

2件 の用語解説(カルダモン丘陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルダモン丘陵
カルダモンきゅうりょう

サザンガーツ山脈」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルダモン丘陵
かるだもんきゅうりょう
Cardamon Hills

インド南部、西ガーツ山脈の最南部を占める山塊。北のニルギリ丘陵とはパルガーツとよばれる鞍部(あんぶ)によって分けられる。丘陵とはいえ最高峰アナイムディ山は2695メートルの標高をもつ。雨量の多い西斜面ではチークや竹などの有用材がみられるとともに、茶、コーヒー、丘陵名の由来となった香料のカルダモンが栽培されている。ペリヤル川では灌漑(かんがい)、発電計画が進みつつある。[貞方 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカルダモン丘陵の言及

【タミル・ナードゥ[州]】より

…山地は州境沿いに走り,北境では東ガーツ山脈が断続しつつ走り,西端のニールギリ丘陵で西ガーツ山脈と合する。同丘陵から南のコモリン岬まで半島部の最高峰を抱きつつカルダモン丘陵などが南走する。これら丘陵の東方には諸河川に分断された台地・丘陵が舌状に広がっている。…

※「カルダモン丘陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone