コックスバーザール(英語表記)Cox's Bāzār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コックスバーザール」の解説

コックスバーザール
Cox's Bāzār

バングラデシュ南東部,チッタゴン州の町。チッタゴン南南東約 100km,ベンガル湾にのぞむ。海岸保養地として知られるほか小漁港がある。ミャンマー国境に近く,古くからミャンマーのラカイン地方と結ぶ交易中心地で,ビルマ人居住地区や多くの仏教寺院がある。綿織物,たばこ製造などの家内工業のほか,付近に製塩所がある。後背に迫る断崖絶壁 (ヒムチョリ) の景観にも恵まれ,観光地として開発が進んでいる。 1968年近代的な気象観測所が完成。チッタゴン大学のカレッジがあり,南部に飛行場がある。人口4万 7926 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android