コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッセル効果 Kossel effect

1件 の用語解説(コッセル効果の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

コッセル効果【Kossel effect】

単結晶にX線を入射したときに,固体中の原子励起によって特性X線が生じるが,このX線は固体中の格子の周期性のために一連の反射円錐上に反射される.この現象をコッセル効果という.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコッセル効果の言及

【コッセル】より

…N.ボーアの量子論を発展させてX線スペクトルの放出機構を論じ,原子内電子配置による原子価理論を最初に提出し(1916),化学結合を説明した。このほか,30年代半ばにはコッセル効果として知られているX線の干渉効果を発見するなど,X線分光学への寄与が多い。【川合 葉子】。…

※「コッセル効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コッセル効果の関連キーワード多結晶単結晶ラウエ斑点ワイセンベルグカメラシンタキシャルブラッグ回折(超音波)ボルマン効果ボルマン線マヨラナ効果ローレンツの偏光因子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone