コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コネクタ こねくた

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コネクタ

周辺機器の接続部分ケーブルの両端にある接続部分のこと。パソコン周辺機器を接続するコネクタの主な形状に、D-SUB、アンフェノールなどがある。D-SUBアンフェノール結合子流れ図などで使われる記号。スペースの都合で続きが記述できなくなり、場所を移動して続きを記述し始める必要が生じたとき、移動元と移動先の両方にこの記号を記述する。一般的には、円の中に数字を記入したものである。流れ図

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

コネクタ

ケーブルなどを接続するための差し込み型の接続器具(端子)のことです。オス/メス両方を指します。数センチもあるような細長い溝状のコネクタはスロットと呼ばれます。
⇨ケーブル、スロット

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コネクタ
connector

コードとコード,電気機器と電線をつなぐときに使用する部品。またステップバイステップ方式の自動電話交換機において,発信側のダイヤルインパルスによって動作し,インパルスによって番号を選択し,該当着信側の電話線に接続操作を行う装置をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コネクタの関連情報