コネクタ(読み)こねくた

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コネクタ

周辺機器の接続部分ケーブルの両端にある接続部分のこと。パソコンと周辺機器を接続するコネクタの主な形状に、D-SUB、アンフェノールなどがある。D-SUBアンフェノール結合子流れ図などで使われる記号。スペースの都合で続きが記述できなくなり、場所を移動して続きを記述し始める必要が生じたとき、移動元と移動先の両方にこの記号を記述する。一般的には、円の中に数字を記入したものである。流れ図

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コネクタ
connector

コードとコード,電気機器と電線をつなぐときに使用する部品。またステップバイステップ方式の自動電話交換機において,発信側のダイヤルインパルスによって動作し,インパルスによって番号を選択し,該当着信側の電話線に接続操作を行う装置をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コネクタの関連情報