コラクレタイ(英語表記)kōlakretai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラクレタイ
kōlakretai

古代ギリシア,アテネで陪審員手当の支払いなどを管掌した国庫の財務官。「犠牲獣のすね肉を集める者」の意。元来犠牲獣の肉を集めて,公共食事の用意をする役であったが,下級の財務官をも兼ねていた。ソロンのときすでにあったもので,前 411年以後はヘレノタミアイに引継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android