コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリドラス属 コリドラスぞくCorydoras; corydorases

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリドラス属
コリドラスぞく
Corydoras; corydorases

魚類の分類,ナマズ目カッリクテュス科の一属。全長 7cm以下の小型種がほとんど。南アメリカに産し,約 140もの種を含む。体はやや長く,側扁する。ひげは 2対。体側上部に 22~26枚,下部に 19~24枚の硬く大きな鱗が並ぶ。腹鰭には可動性のとげが 1本ある。性質はおとなしく,複数の個体や異なる種と同居させてもけんかをしないので,観賞用熱帯魚として親しまれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコリドラス属の言及

【ナマズ(鯰)】より

…体は骨質の板(ふつう背腹の2縦列)でおおわれるのでこの名がある。8属が知られているが,コリドラス属Corydorasがもっとも種類が多い。日本へも多くの種が輸入されて観賞魚として飼育されている。…

※「コリドラス属」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コリドラス属の関連キーワードコリドラス魚類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android