コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルチコステロイド結合タンパク質

1件 の用語解説(コルチコステロイド結合タンパク質の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

コルチコステロイド結合タンパク質

 コルチコステロイド結合グロブリントランスコルチンともいう.血漿中に存在するグルココルチコイドを結合する性質をもつタンパク質で分子量52k.グルココルチコイドの輸送をするとされる.その他,このホルモンを貯蔵する機能,代謝を遅らせる機能,作用を持続させる機能があるなどが推定されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルチコステロイド結合タンパク質の関連キーワードグルココルチコイド鉱質コルチコイドコルチコイドステロイド剤コルチコステロイドコルチコステロイド結合グロブリンステロイド結合タンパク質チロキシン結合グロブリントランスコルチンコルチコステロイド (corticosteroids)