コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルチコステロイド結合タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

コルチコステロイド結合タンパク質

 コルチコステロイド結合グロブリントランスコルチンともいう.血漿中に存在するグルココルチコイドを結合する性質をもつタンパク質で分子量52k.グルココルチコイドの輸送をするとされる.その他,このホルモンを貯蔵する機能,代謝を遅らせる機能,作用を持続させる機能があるなどが推定されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android