コルチコステロイド結合タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

コルチコステロイド結合タンパク質

 コルチコステロイド結合グロブリントランスコルチンともいう.血漿中に存在するグルココルチコイドを結合する性質をもつタンパク質で分子量52k.グルココルチコイドの輸送をするとされる.その他,このホルモンを貯蔵する機能,代謝を遅らせる機能,作用を持続させる機能があるなどが推定されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android