コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルテの法則 コルテのほうそくKorte's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルテの法則
コルテのほうそく
Korte's law

仮現運動 (β運動) の最適時相を規定する3条件の間の関係に関する法則。 A.コルテによって提出され,のちに修正を受けて公式化された。いま,2つの光点の刺激強度を i,両光点間の空間的へだたりを s,これらの提示時間と点滅の間隔時間を合せた時間を gとすると次の式が成り立つ。 ψ=f(s/i・g) (fは関数) この式のψは,これがある値のとき最適運動 (→ファイ現象 ) が起り,それより大となると同時印象,小となると継起印象が現れるような値と定められている。なお,その後の研究で,sigはいずれも現象的な距離,強度および時間であることが明らかにされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルテの法則
こるてのほうそく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コルテの法則の関連キーワード関数点滅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android