コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点滅 てんめつ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

点滅

ディスプレイ上で、カーソルが文字や図形などの入力位置を示す方法。点滅することでユーザーの注意を引く。ブリンクとも呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐めつ【点滅】

[名](スル)灯火がついたり消えたりすること。また、灯火をつけたり消したりすること。「遠く点滅する漁(いさ)り火」「懐中電灯を点滅する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんめつ【点滅】

( 名 ) スル
あかりがついたり消えたりすること。また、つけたり消したりすること。 「ネオンが-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

点滅の関連キーワード家電製品のリモコンの仕組みフォーウエーフラッシャーフェリー‐ポーターの法則カーボディーランゲージフラッシングスイッチ光コヒーレント通信フリッカーテストタキストスコープストロボスコープビーコンライトタルボーの法則ハザードランプ電光ニュースフリッカー値プルスイッチネオンサイン三路スイッチキー入力待ち光感受性発作フラッシャー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点滅の関連情報