点滅(読み)てんめつ

デジタル大辞泉の解説

てん‐めつ【点滅】

[名](スル)灯火がついたり消えたりすること。また、灯火をつけたり消したりすること。「遠く点滅する漁(いさ)り火」「懐中電灯を点滅する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんめつ【点滅】

( 名 ) スル
あかりがついたり消えたりすること。また、つけたり消したりすること。 「ネオンが-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐めつ【点滅】

〘名〙 あかりをつけたり消したりすること。また、あかりがついたり消えたりすること。
※シベリヤ物語(1950‐54)〈長谷川四郎〉ナスンボ「煙草の火が小さな赤信号のように点滅した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点滅の関連情報