コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルビー修道院 コルビーしゅうどういんAbbaye de Corbie

1件 の用語解説(コルビー修道院の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コルビーしゅうどういん【コルビー修道院 Abbaye de Corbie】

フランス中北部,ソンム県アミアン付近に,657年から661年の間に,フランククロービス2世の王妃聖バティルダSt.Bathildaによって建設された修道院。修道士は主としてリュクスイユLuxeuilのコルンバヌス派の修道会から集められたが,後にベネディクトゥス会則を採用するようになった。3教会堂があり,それぞれ聖ペテロ,聖パウロ,聖ステファヌス守護聖人とした。修道院は急速に発展し,800年ころにはガリアの知的中心となり,特に写本所は多数の写本を今日に残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone