コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレスチラミン

栄養・生化学辞典の解説

コレスチラミン

 アニオン交換樹脂の一種で腸内でコレステロールと結合し,排泄を促すことから,血清コレステロール値を低下させる効果がある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

コレスチラミンの関連キーワード原発性胆汁性肝硬変(PBC)家族性高コレステロール血症動脈硬化用剤脂質異常症胆汁酸やせ薬黄色腫

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android