コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロンビア百科事典 コロンビアひゃっかじてんColumbia Encyclopedia

1件 の用語解説(コロンビア百科事典の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロンビア百科事典
コロンビアひゃっかじてん
Columbia Encyclopedia

アメリカ合衆国ニューヨーク市で刊行される1巻本の国際百科事典。正式名称は『新コロンビア百科事典』 The New Columbia Encyclopedia。正確な情報を手早く調べられる事典として高い評価を得ている。初版は 1935年刊行。コロンビア大学と間接的ではあるが重要な関係を保ち,1950年と 1963年に大幅な改訂が行なわれた。現書名に改称された第4版 (1975) で全面改訂を行ない,1974年までの最新情報を収録している。掲載項目はアルファベット順で,充実した相互参照が特徴。対象テーマは 7000件,掲載項目は5万件に上り,地図や挿絵も全編にわたって豊富である。掲載項目のほぼ3分の1は地理関連で,世界のすべての国を網羅している。 45%を占める人物記事は,政治的指導者に重きをおく。ほかにも基本的な科学関連事項や最高裁判所,住宅,学問の自由,海事法などの歴史をたどる有益な記事を収録している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone