学問(読み)ガクモン

デジタル大辞泉「学問」の解説

がく‐もん【学問】

[名](スル)
び習うこと。学校へ通ったり、先生についたり、本を読んだりして、新しい知識を学習すること。また、身につけた知識。「学問のある人」「学問する楽しさ」
理論に基づいて体系づけられた知識と研究方法の総称。学。
[補説]中世から近世にかけて「学文」と書くのが一般であり、また、「学門」と書くこともあった。
[類語](1学業勉学勉強研鑽けんさん研究学究学事学び(学問から得た知識)学識学殖がく蘊蓄うんちく教養造詣知識素養博識博学碩学篤学有識該博博覧強記/(2がく学術学芸学理科学サイエンス・学知

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「学問」の解説

【学問】がくもん

学んで知識を深める。〔子、大略〕に曰ふ、切するが如く瑳するが如く、するが如くするが如しとは、學問するを謂ふなり。

字通「学」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android